関東からスキー場に行く場合

関東は東京中心に日本で一番人口が多い地方として知られています。

日本の代表は関東だと言わんばかりに標準語を使っていますが、大阪の方の人であればそれを嫌うかもしれません。

関西から飛行機でスキーに関する予備知識が満載です。

やはり対抗意識があるからです。
そういった空気がある中で、関東からスキー場に行く場合にはどこに行った方がよいでしょうか。基本的には、スキー場はそこら辺にありますので車にのって2時間ぐらい行くことができます。


例えば東京の練馬区あたりから関越自動車道で2時間も走らせれば、あっという間に雪景色を見ることができるでしょう。



もちろんそれは冬の話しです。

十二月ぐらいから山々では雪が降っており、スキーを楽しむことができるようになっています。

一月ぐらいにいけばほぼ確実にスキー場は営業しているでしょう。
山深いところでは四月でもスキーをすることができます。
さらに場所によってはゴールデンウイークまで滑ることを楽しむことができてしまうのです。このように考えると関東は非常に便利な場所です。関西の場合は同じ関西地方に住める場所は少ないです。

もちろん兵庫県の山の方や滋賀県の山の方に行けばあるかもしれませんが、関東のように同じ県内にたくさんあるということはそれほど考えられません。


では、どのぐらいの費用がかかるでしょうか。



これは交通手段によって費用が変わってきますが、高速バスであれば日帰りで5000円というところも珍しくありません。


このように安く行けるのが特徴になります。